芝ヶ原古墳(しばがはらこふん)

所在地:城陽市寺田大谷   地図情報

別称:芝ヶ原12号墳

久津川古墳群を構成する古墳の1つ

形状:前方後方墳
後方部:南北21m、東西19m
前方部:長さ約3.5m
くびれ部:幅11.6m

国の史跡
出土品:国の重要文化財

 芝ヶ原古墳(しばがはらこふん)は、城陽市北部の寺田大谷の丘陵上にある古墳

 久津川古墳群の中の芝ヶ原古墳群のうちの一つ
 (久津川古墳群の国の史跡には含まれていない)

 現在は、史跡公園として整備されている

【芝ヶ原古墳の歴史・経緯】

【芝ヶ原古墳】

 <芝ヶ原古墳>
 京都府南部、城陽市北部の丘陵上に築造された古墳

 古墳時代初期の3世紀中頃に築造されたといわれる

 久津川古墳群の中の芝ヶ原古墳群を構成する古墳の一つ
 「芝ヶ原12号墳」と称される


 <前方後方墳>
 方形部の南辺に突出部がある前方後方形
 盛土の厚さは2mほど残存している
  後方部:南北21m、東西19m
  前方部:長さ約3.5m
  くびれ部:幅11.6m

 前方部は、削平されてしまっている

 墳丘周囲には周溝が巡らされている

 墳丘の段築・葺石は認められていない


 <主体部>
 埋葬施設は組合式木棺の直葬
 木棺は、長さ3m・幅0.8m
 木棺を埋納した土壙は、長さ4.7m・幅2.5m


 <出土品>
 出土品は、国の重要文化財に指定され、城陽市歴史民俗資料館(五里ごり館)に保管されている
 類例の少ない銅製腕輪「銅釧」が完形で出土している貴重なもの

 木棺の内部から、銅鏡・銅釧・玉など多数の副葬品が見つかっている
  四獣形鏡1面 直径12cm
  銅釧2点
  硬玉製勾玉8点
  碧玉製管玉187点
  ガラス製小玉1,276点
  ヤリガンナ1点

 墓壙上面の礫敷から、供献土器片などが出土している
 庄内式という古い様相の土器
  二重口縁壺4点
  高坏1点

【その他】

 <五里ごり館(城陽市歴史民俗資料館)>
 城陽市寺田今堀
 芝ヶ原古墳の出土品等を保管・展示されている

【芝ヶ原古墳へのアクセス】

 JR奈良線 城陽駅 徒歩


【京都検定 第17回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク