家邊徳時計店(やべとくとけいてん)

所在地:京都市中京区三条通富小路東入中之町   地図情報

洋風店舗併用住宅建築

竣工:1890年(皇紀2550)明治23年
設計:不明
施工:不明
構造:煉瓦造2階(鉄筋入)一部平屋建、瓦葺

建築面積:129m2

国の登録有形文化財

 家邊徳時計店(やべとくとけいてん)は、三条通にある明治の近代建築群で最も古いといわれる洋風店舗併用住宅建築

【家邊徳時計店の経緯】

【家邊徳時計店】

 <家邊徳時計店>
 三条通に北面して建つ煉瓦造2階建の洋風の店舗

 後方には、中庭や坪庭を挟んで木造2階建の純和風の京町家がある

 店舗1階は3連扁平アーチ窓で飾られており、2階部分をセットバックさせている
 店舗の右半分は、竣工当時から大きな金庫室になっている
 金庫の扉には、田村宗立の筆で油彩画が描かれている
 コーナーストーンには花崗岩が使われている
 アーチ下には、欄間のような和風の装飾が見られる
 2階へは、木製のらせん階段がある

 店舗2階部分はセットバックされ、洋室が2部屋ある

 後方の住宅建物は、純和風の木造2階建で、店舗との接続部には平屋建の玄関がる
 背後には、平屋建の茶の間や離れがある

【その他】

 <家邊徳時計店>
 1871年(皇紀2531)明治4年
 初代 家邊徳之助が創業、 日本唯一で最古の時計貴金属商といわれる
 当主が、代々「徳之助」を襲名する

【家邊徳時計店跡へのアクセス】

 市バス 河原町三条 徒歩約5分
 市バス 市役所前 徒歩約5分


【京都検定 第16回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク