虫籠窓(むしこまど)

虫籠窓(むしこまど)は、町家の通りに面した厨子二階にある格子窓

採光と風通しのための窓で、漆喰塗(しっくいぬり)の粗い格子が特徴

 形が、虫かごに似ているので名付けられたといわれる

【虫籠窓(むしこまど)】

 <厨子二階(つしにかい)>
 江戸時代
 武士を見下ろすことが禁じられており、本格的な2階は建築されず、高さを抑えた中二階が、主に物置き部屋などとして利用された
 通りに面したところには、採光と風通しのために虫籠窓が設けられた

 <虫籠窓の形状>
 建築時期によって異なる
 江戸時代中期:木爪形(丸形)
 江戸時代後期:横長丸形
 明治時代:長方形
 大正時代:高さが高くなった長方形


【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第10回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク