京都電信電話発祥の地(きょうとでんしんでんわはっしょうのち)

所在地:京都市中京区三条通東洞院通西入ル北西角 北梅忠町   地図情報

 京都電信電話発祥の地(きょうとでんしんでんわはっしょうのち)は、明治政府によって京都電話交換局が設置されたところ

 三条通東洞院通西入ル北西角のNTT西日本京都三条ビルの一角に石碑が置かれている

【京都電信電話発祥の経緯】


【京都電信電話発祥の地】

 明治政府により、郵便事業に続いて全国的な電信網敷設が行われ、この地に、西京電信局が設置される

 その後、この地に京都電話交換局が設置され、電話交換業務が開始された
 当初の申し込み数は800以上あり、加入者数210、交換手9名でスタートしたといわれる


 <京都電信電話発祥の地の石碑>
 建立年:1970年(皇紀2630)昭和45年10月23日
 建立者:日本電信電話公社
 大きさ:高さ20 x 幅95 x 奥行75cm

 碑文:
 (東側)
  京都電信電話発祥の地
   明治五年 西京電信局
   明治三十年 京都電話交換局
    この地に建つ
 (西側)
 昭和四十五年十月二十三日建之
  日本電信電話公社京都市管理部

【京都電信電話発祥の地へのアクセス】

 地下鉄 烏丸線・東西線 烏丸御池駅 5番出口
 阪急電車 京都線 烏丸駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク