旧山田家住宅

所在地:京都府久世郡久御山町東一口   地図情報

別称:本山田

国の登録有形文化財

 旧山田家住宅は、久御山町北西部の東一口にある、巨椋池の魚業者の大庄屋の遺構

 周囲16km、面積800haあった巨椋池の南西に位置している

 江戸時代、淀川・巨椋池の漁業者の代表として御牧郷(みまきごう)13カ村をまとめる大庄屋だった

【山田家住宅の歴史・経緯】


【山田家住宅】

 <敷地>
 東西約40m、南北約30m

 <長屋門(国の登録有形文化財)>
 武家屋敷のような重厚な大型の構え
 水害を避けるため敷地北辺の石垣上に築かれている
 東寄りに門口を開き、その東西に居室や物入などがある
 東西約27m、南北約4m、建築面積107m2
 木造平屋建、入母屋造、飾り瓦を棟にのせた本瓦葺、漆喰塗壁、外壁には武者窓や与力窓があり出格子が付く
 組棟の上段に松葉菱、下段に丸五引家紋の瓦が組み込まれている
 腰を簓子下見板張とし、軒は出桁造で漆喰塗とする

 <長塀(国の登録有形文化財)>
 長屋門と一連の切石積石垣上に建ち、長屋門の東端から敷地北東辺沿いに延びる
 木造、切妻造、本瓦葺、折曲り延長20m
 外壁は、長屋門と同様に腰を簓子下見板張とし、軒は腕木とも漆喰で塗り込められている

 <主屋(国の登録有形文化財)
 敷地の中央に北面して建つ
 木造平屋建、切妻造、桟瓦葺、四周に下屋をめぐらす、建築面積174m2
 東西約19m、南北約12m
 正面中央に入母屋屋根で式台を備える玄関がある
 内部は西寄りに土間、東側に六間ある
 座敷には、網代や鯉の彫刻欄間、京狩野鶴沢派3代 鶴沢探索の落款のある雲龍が描かれた襖絵などで飾られている

【旧山田家住宅】

 <旧山田家住宅>
 久御山町により一般公開されている

 長屋門に整備された展示室内で、巨椋池にかかわる資料なども展示されている

【旧山田家住宅へのアクセス】

 京阪電車 中書島駅から
   京阪バス まちの駅イオン久御山店前 から徒歩約500m
   京阪バス 東一口(ひがしいもあらい) から徒歩約10分


【京都検定 第23回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク