オオミズナギドリ(大水薙鳥)(Calonectris leucomelas)

京都府の鳥

目:ミズナギドリ目
科:ミズナギドリ科
属:オオミズナギドリ属

繁殖地:舞鶴市冠島   地図情報

 オオミズナギドリ(大水薙鳥)は、京都府の鳥

 舞鶴市の冠島が、日本で最初の「オオミズナギドリ繁殖地」として国の天然記念物に指定されている

【オオミズナギドリ】

 全長約50cm、翼開長約120cm、体重約500g
 ミズナギドリ科の中では最大の種
 体の上面や翼の上面は灰色がかった褐色の羽毛で覆われ、体や翼の下面は白色羽毛で覆われている
 翼角から脇にかけて黒い縦線模様がある
 くちばしは細長めで先端は鉤型をしており、くちばしの上に、長い管のようなものがある
 足はピンク色

 翼を長く伸ばし、ゆったりと羽ばたいたり、翼に風を受けて風上へ飛行することもよく行なっている
 風が強いと、波形が上下に高くゆれます
 風のない時には、はばたきながら海上を走って舞い上がる

 海上を飛ぶ様子が薙刀(なぎなた)で水を切るように見えることから、水薙鳥と名付けられた

 離着陸が不器用で、傾斜した斜面を利用したり、傾斜した樹などに登り、落下する加速で飛び出す

 食べ物は、魚類
 一昼夜、飛び続け、1,000km以上も離れた海域へ餌捕りに行くこともある

 太平洋西部の日本とその近海の離島で繁殖する
 アジア南部、オーストラリア近海まで分布している

京都府の鳥】

 <京都府の鳥>
 1965年(皇紀2625)昭和40年
 オオミズナギドリが、「京都府の鳥」に定められる

 <舞鶴市冠島
 京都府で唯一、オオミズナギドリが生息しているところ
 舞鶴市街地の北、約28kmに位置する無人島
 面積約22.3ヘクタール、最高地点の標高169.7m
 外敵が少ないこと、エサとなる魚群が多いこと、営巣しやすいことなどで繁殖地になっているといわれる
 国の天然記念物に指定されており、許可なく無断での上陸が禁止されている

 <国の天然記念物
 1924年(皇紀2584)大正13年
 舞鶴市の冠島が、日本で最初の「オオミズナギドリ繁殖地」として指定されている
 その他、国内で5,6ヶ所で国の天然記念物の指定がされている

 <冠島での繁殖>
 オオミズナギドリは、太平洋やインド洋に生息する鳥で、繁殖のために日本へやって来る
 2月下旬頃、南方から飛来してくる
 土の中に横穴を掘り、直径約30cm、奥行約1mほどの巣穴を作る
 5月中旬〜6月中旬に、交尾を行う
 6月中旬頃、ニワトリのLサイズくらいの卵を、1個産卵する
 8月中旬頃、雌雄が昼夜交代で抱卵し、孵化する
 11月上旬に、推定約20万羽が、冠島を離れて南方に向う

 <オオミズナギドリの保護>
 11月上旬に、冠島を離れるときに、悪天候や体力不足等により、舞鶴市やその周辺で落下する個体がいる
 年により、数羽から数十羽
 落下したオオミズナギドリは、その場からは飛び立つことはできず、
 市の職員が連絡を受けて保護のため回収、あるいは、直接、保護して持参してもらう
 保護された個体は、体重や翼長などを計測され、足輪を付けて、飛び立てる場所まで運んで放鳥される


【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第6回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク