扇塚(おうぎづか)

所在地:京都市下京区御影堂前町(五条大橋の西北詰)   地図情報

 扇塚(おうぎづか)は、五条大橋西詰の牛若ひろばにあるの石碑と塚

 平安時代に、この辺りで御影堂扇がつくられた、扇の発祥の地といわれる

 御末広師が集まり、扇の産地となる

 扇は儀礼、諸道の伝統行事作法などに用いられ、京扇子は伝統的工芸品となっている


【扇塚の歴史・経緯】

【その他】

 <誓願寺の扇塚>
 芸事上達のご利益があるといわれ、芸道上達を祈願し、扇子を奉納するようになったといわれる

 <二尊院の扇塚>
 弁財天堂の前にある
 山内流始祖・二代、吉村流開祖・二代・三代の家元を供養するために、吉村流第四世家元 吉村雄輝(人間国宝)らが建てたもの

【扇塚へのアクセス】

 京阪電車 清水五条駅 徒歩約5分


【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第9回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク