柚子(ゆず)(Yuzu)

ミカン科ミカン属の常緑小高木の果実

学名:Citrus junos

原産地:中華人民共和国の中央、西域、揚子江上流

特産地:京都市右京区嵯峨水尾、高知県馬路村、高知県東部地方の山間部、徳島県木頭村   地図情報

 柚子(ゆず)は、柑橘類の一つで、ミカン科ミカン属の常緑小高木の果実

 果実は比較的大きく、果皮の表面はでこぼこしている

 酸味が強く、香りがある

【柚子(ゆず)】

 ミカン科ミカン属の柑橘類の果実

 柚子の木には長く鋭いトゲがある

 成長が遅く、「桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年」などと称される
 枳殻(カラタチ)への接ぎ木により、数年で収穫を可能にすることが多い


 <原産>
 中華人民共和国の中央、西域、揚子江上流あたりといわれる
 日本に渡来したのは、飛鳥時代あるいは奈良時代の頃といわれる

 <産地
 柑橘類の中では耐寒性が強く、東北地方より南で広く栽培されている
 京都市右京区嵯峨水尾、高知県馬路村、高知県東部地方の山間部、徳島県木頭村<
 収穫量の約半分が高知県

 <収穫時期>
 旬は、青ゆずが8月、黄ゆずは11月から1月
 初夏に花を咲かせ、夏に青玉と称される未熟な青い実が収穫される
 その後、11月中、下旬あたりから、黄色い熟した物が収穫される
 柚子は、貯蔵性もあり、年末までに収穫されたものが貯蔵され、春頃まで出荷される

 <果皮>
 凹凸が激しく、「ゆず肌」とも称される

【柚子(ゆず)の用法】

 柚子は、果物として食べられるより、薬味や風味づけに使われるため、流通上では野菜として取り扱われる

 <果汁>
 日本料理やお鍋などにおいて調味料として、香味・酸味を加えるために用いられる
 チューハイや、レモネードのような飲み物にも用いられる

 <皮>
 七味唐辛子に加えられるなど、香辛料・薬味として用いられる

 <柚子胡椒>
 唐辛子を粗刻みにし、柚子の皮と塩を入れて磨り潰し、熟成させたもの
 皮が青い時は青唐辛子、黄色く熟している時は赤唐辛子が用いられる

 <柚子味噌
 千切りにして茹で上げた柚子皮を、味噌にみりん・酒・砂糖を合わせたものに入れて中〜弱火で煮詰めたもの

 <幽庵焼き>
 醤油・酒・味醂の調味液に柚子の輪切りを入れたものを用いた魚の付け焼き

 <ゆべし>
 柚子の実の上部を切り取り、中身をくり抜き、この中に味噌、山椒、胡桃などを詰めて、切り取った上部で蓋をする
 それを藁などに巻いて日陰で1ヶ月から半年ほど乾燥させる
 食べるときには、藁を外して、切り分けて、酒の肴やご飯のおかずとして用いる

 <柚子茶>
 柚子の実と砂糖、蜂蜜を煮込んだジャムを、湯や水で薄めて飲む

 <ワイン>

 <柚子釜>
 果実の果肉の部分をくりぬいて器状にしたもの
 料理の盛りつけなどに用いられる

 <柚子湯>
 冬至の日に、果実全体または果皮をお風呂に浮かべて入り、無病息災を祈る風習
 ゆずの香りと黄色に邪気を祓う力があるといわれている
 血行を促進させることにより体温を上昇させ、風邪を引きにくくさせる効果があるともいわれる
 保温、保湿効果など、香りによるリラックス効果もあるとされる

 <香水>
 独特の爽やかな香りのため、色々な香水に用いられる

 <種子油>
 メラニンの生成抑制やアレルギー性皮膚炎の症状緩和の効果があるともいわれる

【その他】

 <季語>
 俳句において、果実は秋の季語
 花は、夏の季語
 柚子湯は、冬の季語

 <京都市右京区嵯峨水尾
 愛宕山の南麓にある柚子の特産地   地図情報
 柚子の栽培農家が、柚子風呂付きで鶏料理を提供している


【京都検定 第13回3級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク