錦の名水(にしきのめいすい)

所在地:京都市錦小路   地図情報

 錦の名水(にしきのめいすい)は、錦天満宮錦小路あたりの井戸から得られるまろやかな名水

 地下30mほどから湧く

 年中、17〜18度が保たれている

 検査により、無味・無臭・無菌で、飲用にも適するとされている


【錦の名水の経緯】

【井戸があるところ】

 <錦天満宮
 手水として使われている
 持帰りも自由になっている

 <イーグルコート京都錦小路>
 マンションの入口脇に、マンションの新築と共に井戸が設置された

 <尾張屋>
 店の前に井戸からの手水が設けられている

【その他】

 <錦市場
 平安時代の頃から
 年中、17〜18度が保たれている地下水に恵まれ、魚・鳥・野菜などを保存するのに適していたことから
魚店・肉屋などが自然に集まるようになり、まろやかな名水を利用する豆腐屋、漬物屋なども増え、
「京の台所」といわれる錦市場が形成されていったといわれる

【錦の名水へのアクセス】

 市バス 四条河原町 徒歩約5分
 阪急電鉄 京都線 河原町駅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク