明治天皇御遺跡(めいじてんのうごいせき)


所在地:京都市山科区安朱桟敷町(ホテルブライトンシティー山科南側)   地図情報

 明治天皇御遺跡(めいじてんのうごいせき)は、山科駅の南に立つ石碑

 明治天皇が、毘沙門堂領地内で東海道沿いのこの地にあった茶店 奴茶屋に3回、寄られた

【明治天皇御遺跡の経緯】


【奴茶屋】

 奴茶屋は、明治天皇も立ち寄られた、毘沙門堂領地内で東海道沿いにあった茶店

 室町時代
 1447年(皇紀2107)文安4年
 弓の達人だった片岡丑兵衛(楠木正成の曽孫)が、街道に出没していた盗賊を討ち取り、茶店を建てて旅人を送迎したことが由来

 茶店・宿場・本陣として利用されていた

 幕末維新の頃
 和宮親子内親王、親王小松宮、十四代将軍 徳川家茂なども宿泊や休憩をとったといわれる

 1994年(皇紀2654)平成6年
 奴茶屋は、山科駅前再開発に伴い建物を取り壊し移転された

【明治天皇御遺跡へのアクセス】

 JR東海道線 山科駅 徒歩数分
 市バス JR山科 徒歩数分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク