丹波くり(たんばくり)

丹波くり(たんばくり)

品種:銀寄

ブランド京野菜

産地:亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市

 丹波くり(たんばくり)は、主に丹波、篠山地方で栽培される栗の品種

 大型で実は柔らかく、甘みに優れた特徴がある

【丹波くりの歴史・経緯】


【丹波くり】

 大阪府豊能郡能勢町原産の品種が原種

 かつては「銀由」「銀善」とも称されたが、現在では「銀寄」に統一されている

 大型で実は柔らかく、甘みに優れた特徴がある
 貯蔵性には劣る

 主成分は、炭水化物
 普通種の栗と比較して、ブドウ糖、蔗糖を多く含み、特に甘みに優れている
 ビタミンB1、ビタミンCも多く含み、消化、吸収にも優れている

 丹波篠山地方では、丹波くりを用いた栗菓子や、栗酒も製造販売されている

 <ブランド京野菜
 産地:亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市

 高品質な栗の需要にこたえ、
 新植や改植の推進、整枝・剪定、施肥、病虫害防除などの栽培管理を行うよう啓発に努められている
 安定的な生産・流通・加工の基盤が整備されている

 土壌や水の管理と、樹高を3.5mに制限されている
 風害を最小限に抑え、剪定や農薬散布などの栽培管理の省力化が図られている
 特に、剪定(芯抜き)は、木が休んでいる冬の間に、隅々まで太陽光が入り込むようにする重要な作業とされている


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第14回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク