高野槇(コウヤマキ)(Japanese Umbrella-pine)

分類:マツ目コウヤマキ科

高木
常緑針葉樹

分布:福島県から九州までの山地に野生する

別名:ホンマキ
別記:高野槙

 高野槇(コウヤマキ)は、高木の常緑針葉樹

 日本にのみ自生する日本の固有種

 六道まいりでは、お精霊さんが、高野槇の葉に乗って冥土から戻ってくるとされ、
迎え鐘でご先祖を迎えて高野槇を家に持ち帰り、お盆の間、家で一緒に過ごす

【高野槇】

【高野槇の生息地】

 <法常寺
 高野槇の巨木(亀岡市指定天然記念物)

 <神宮寺(与謝野町字野田川字石川)>
 高野槇(京都府指定天然記念物)

【その他】

 <高野山>
 仏に供える花の代用として用いられる霊木とされる
 高野山には、植林されたコウヤマキの人工林があり、名前もこれに由来する


 <六道まいり
 お精霊さんが、高野槇の葉に乗って冥土から戻ってくるとされる
 六道珍皇寺の参道両側に並ぶ露店で販売される
 ご先祖様が道を間違えずに帰って来れるように迎え鐘を2回撞いて、
線香の煙で水塔婆を浄め、高野槇で水をかけて水回向をし、水塔婆を納める
 高野槇には、ご先祖さまの霊が宿っているので大切に家に持って帰り、お盆の間、家で一緒に過ごす


 <秋篠宮悠仁親王>
 高野槇がお印(印章)となっている


【京都検定 第17回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク