大江山連峰トレイル(おおえやまれんぽうトレイル)

所在地:与謝野町、福知山市、宮津市、舞鶴市   地図情報

ルート:13ルート
全長:約84km

開設:2018年(皇紀2678)平成30年3月17日

主団体:大江山連峰トレイルクラブ

 大江山連峰トレイルは、大江山に残る古道や登山道を活用したトレッキングコース

 京都府北部の与謝野町、福知山市、宮津市、舞鶴市の4市町にまたがる

 ルートからは天橋立や雲海、滝、棚田などが望め、
 ブナの原生林や紅葉が楽しめ、酒呑童子の鬼伝説にまつわる史跡が残る

【経緯】

【大江山連峰トレイルの主なルート】

 大江山連峰トレイルは、  2007年(皇紀2667)平成19年に指定された丹後天橋立大江山国定公園のなかにある

 源頼光酒呑童子退治など鬼伝説が多く残っており、鬼が棲み付いたとされる鬼の岩屋などの名所がある


 <赤赤縦走路>
 赤石ヶ岳(736m)から赤岩山(669m)まで、約16kmの大江山連峰トレイルのメインルート
 標高は、千丈ヶ嶽の832.4mが最高地点

 ほとんどの場所がアップダウンも緩やかで、ルートも整備されているため、登山初心者でも歩きやすいルート
 遠くに若狭湾や天橋立を望むことができ、眺望も素晴らしい

 赤石ヶ岳・千丈ヶ嶽・鳩ヶ峰・鍋塚の4山からなる大江山連峰の縦走路と、
赤岩山から宇野ヶ岳・杉山を経由して普甲峠へ至る縦走路を合わせたルート

 秋の早朝には、幻想的な雲海を見ることができる


 <古道ルート>
 大江山周辺に存在する3つの古道を歩く全長約29kmのルート

 平安時代から江戸時代にかけて一般的に使用されていた道で、各地に石畳が残る
 日本棚田百選の一つ「毛原の棚田(けはらのたなだ)」や、落差78mの大小7段の滝からなる「今福の滝(いまふくのたき)」など、
豊かな自然を感じることができる


 <今普甲道>
 江戸時代に宮津藩の参勤交代に使われ、石畳が残る約10kmのルート


 <登山ルート>
 赤赤縦走路へのアプローチルートと天橋立を望む「天橋立トレイルルート」の計9ルート、約39kmのルート

 登山初心者向けの短いコースから、上級者向けの長距離コースまで多様なコースが設定されている

【大江山連峰トレイルクラブ】

 大江山連峰トレイルクラブは下記の4団体によって構成される
 観光ツアーガイド養成や、ルートの維持管理が行われている

 <大江山鬼っこの会>
 <舞鶴市加佐地域農業農村活性化センター>
 <大江地域観光案内倶楽部>
 <上宮津杉山ガイドの会>

【大江山連峰トレイルへのアクセス】

 京都丹後鉄道 宮福線 大江山口内宮駅 あるいは 辛皮駅 あるいは 喜多駅など


【京都検定 第15回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク