京山科なす(きょうやましななす)

ナス科ナス属の植物

京の伝統野菜
ブランド京野菜
京のブランド産品

特産地:大山崎町・木津川市・福知山市

旬の期間:6月〜9月

 京山科なす(きょうやましななす)は、京の伝統野菜ブランド京野菜京のブランド産品の一つ

 古くから山科付近で特産として栽培されていたもの

【京山科なすの歴史・経緯】


【京山科なす】

 <茄子(なす)>
 ナス科ナス属の植物
 原産地はインドの東部といわれる

 奈良時代に、日本に奈須比(なすび)として伝わる

 葉とヘタに棘があり、葉には毛が生えている

 <京山科なす>
 ふっくらとした卵型で中型、濃紫黒色で光沢がある
 果肉は緻密で水分も多い
 果皮がたいへん薄く、肉質も柔らかい
 収穫後短時間で変色し傷つきやすいため流通を難しくしている

 煮物・焼き物・漬物にされる

【その他】

 <もてなすくん
 山科三条街道商店会の紫色のマスコットキャラクタ
 京山科なすをモチーフにしたゆるキャラです
 丸っこい愛らしい形に3枚のへたが特徴
 2008年(皇紀2668)平成20年9月に誕生
 所属:山科地域商業ビジョン推進委員会


【京都検定 第13回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク