小督塚(こごうつか)

所在地:京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町   地図情報

 小督塚(こごうつか)は、嵐山 渡月橋の近くにある、謡曲「小督」にも登場する旧跡

 高倉天皇の寵愛を受けたことで、平家からの迫害を恐れて嵯峨野に身を隠した小督局の仮住居跡

 渡月橋東側を北へ徒歩約5分ぐらいのところにある

【小督局の旧跡】

 <小督局(こごうのつぼね)>
 平安時代後期の女官
 桜町中納言 藤原成範(ふじわらなりのり)の娘
 宮中の中でも美人で、高倉天皇の寵愛を受け、範子内親王(坊門院)を生む
 平清盛の娘 徳子(建礼門院)が中宮のであったため、平家からの迫害を恐れて嵯峨野に身を隠す

 <謡曲「小督(こごう)」>
 天皇の命により、小督局を探しに当地を訪れた源仲国が、秋霧の間に微かに聴こえる琴の調べを便りに、
局の居所を探し得たという物語

 <琴きき橋>
 渡月橋の北詰にある石橋のこと
 高倉天皇の命で、小督を探しに訪れた源仲国が、秋霧の中で、琴の曲「想夫恋」を聞き付けた場所
 「駒留橋」とも称される
 東側には、石碑が立つ
 「一筋に 雲ゐを恋ふる 琴の音に ひかれて来にけん 望月の駒」

 

【小督塚へのアクセス】

 市バス 嵐山公園
 京福電車 嵐山駅
 徒歩約5分
 阪急電車 嵐山駅 徒歩約10分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 嵯峨嵐山駅 徒歩約15分


【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク