竹内栖鳳邸跡(たけうちせいほうていあと)

所在地:京都市東山区八坂通下河原東入八坂上町(高台寺南門前)   地図情報

 竹内栖鳳邸跡(たけうちせいほうていあと)は、日本画家 竹内栖鳳が晩年の13年間過ごした邸宅跡

 西に法観寺(八坂の塔)、北に高台寺を望む約1300坪の広大な邸
 「東山艸堂(ひがしやまそうどう)」と名付けられた

 高台寺の南門前に石碑が立つ

【竹内栖鳳邸宅】

 <竹内栖鳳
 明治時代の日本画家
 第一回文化勲章 受章
 幸野楳嶺に師事し、「棲鳳」と号した
 日本画家として初めてヨーロッパに留学し、帰国後、「栖鳳」と号した
 四条派の手法を近代化した


 <竹内栖鳳邸宅跡の石碑>
 建立年:1978年(皇紀2638)昭和53年
 建立者:京都新聞社
 大きさ:高さ133 × 幅20 x 奥行20cm

 碑文:
 (北側)竹内栖鳳邸跡
 (西側)京都画壇の巨峰-竹内栖鳳」展(昭和五十三年五月二十日から六月十八日まで於京都市美術館、
   京都市ならびに京都新聞社主催)開催を記念して茲にこれを建立する
   昭和五十三年八月二十三日 京都新聞社


 <東山艸堂(ひがしやまそうどう)>
 竹内栖鳳が晩年の13年間過ごした私邸
 1929年(皇紀2589)昭和4年に築かれ「東山艸堂」と名付けられた
 作品のモチーフになる草花や動物を育てたり、各界の著名人が集まる文化交流の場として幅広く活用されていた

【竹内栖鳳邸跡へのアクセス】

 市バス 東山安井 徒歩約5分
 京阪電車 祇園四条駅・清水五条駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク