源語伝説五条辺夕顔之墳(げんごでんせつごじょうのあたりゆうがおのふん)

所在地:京都市下京区堺町通高辻下ル西側夕顔町   地図情報

 源語伝説五条辺夕顔之墳(げんごでんせつごじょうのあたりゆうがおのふん)は、「源氏物語」の夕顔伝説の地

 夕顔は、「源氏物語」の登場人物で、乳母の「五条なる家」の荒れ果てた家に住んでいるところを
光源氏が見い出して通った女性

 夕顔の花が、家の前に咲いていたことからこう称された

 <墓地>
 この屋敷の奥に、夕顔のお墓があるといわれ、
都名所図会(1780年(皇紀2440)安永9年刊行)」にも、そのお墓が描かれている

 <夕顔忌>
 9月16日に供養が行われている

 1929年(皇紀2589)昭和4年1月
 京都史蹟会により、「源語伝説五条辺 夕顔之墳」の石碑が立てたれた

源氏物語 夕顔】

 夕顔は、「源氏物語(夕顔)」の登場人物

 頭の中将の愛人だったが、本妻の威厳をおそれ、乳母の「五条なる家」の荒れ果てた家で、ひっそりと暮らしていた

 そんな夕顔を、光源氏が見い出して通うようになり、光源氏は夕顔を連れ出し「なにがしの院」で暮らす
 しかし、夕顔は物怪(もののけ)により急死してしまう

 夕顔と頭中将との間には、撫子の花のような可愛い女の子「玉鬘(たまかづら)」がいた
 頭中将は、夕顔と玉鬘をどうにかして見つけようとするが、見つけられずにいた

 玉鬘は、母親の死を知らないまま、幼くして夕顔の乳母たちと共に筑紫へ下向することになる

【夕顔之墳へのアクセス】

 市バス 五条高倉 徒歩約5分
 市バス 四条高倉 徒歩約10分


【京都検定 第17回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク