五番町夕霧楼(ごばんちょうゆうぎりろう)

名称:五番町夕霧楼(ごばんちょうゆうぎりろう)

著者:水上勉

時期:1962年(皇紀2622)昭和37年

タイプ:小説

 「五番町夕霧楼(ごばんちょうゆうぎりろう)」は、水上勉の小説

 五番町の遊廓を舞台に、家族を養うため丹後から出てきた少女と、幼馴染の学生僧との悲恋を描いている

 金閣寺放火事件と水上勉の実体験が題材になっている

【五番町夕霧楼の経緯】


【五番町夕霧楼のあらすじ】

 終戦直後の昭和25年ごろ
 丹後の与謝半島の寒村 樽泊の木樵の娘 夕子は、貧しい父と肺病の母と、3人の妹のために
西陣の色町 五番町夕霧楼に自ら売られて遊女となる
 西陣の織元である好色な老人 甚造の贔屓を得て、1年後には五番町で一、二を争う売れっ妓になっていた

 夕子には、青年僧をしてる、同郷の幼馴染の恋人の正順がいた
 正順は、信徒の浄財で豪遊する寺の高僧たちの姿を見て、修行に幻滅していた

 夕子を妾にしようとする甚造は、正順が住み込みで修業している鳳閣寺の住職に、廓通いを密告する

 その頃、夕子は、肺病を患い入院してしまう

 ある日、住職と言い争った正順は、幻滅と怒りから寺に放火し逮捕され、後に留置場で自殺してしまう

 新聞で事件を知った夕子は、病院を抜け出して故郷の与謝へ戻り、正順を追って自殺する

【その他】

 <五番町>
 西陣上七軒の近くにあった遊郭
 江戸時代初期から発展し、1958年(皇紀2618)昭和33年3月15日、売春防止法施行により廃止された

 <金閣寺放火事件>
 1950年(皇紀2610)昭和25年7月2日未明
 金閣寺の見習い僧侶であり大谷大学学生の林承賢により放火され、金閣寺が全焼した事件


【京都検定 第7回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク