滋野井(しげのい)

所在地:京都市上京区下立売西洞院椹木町上ル 東裏辻町   地図情報

都七名水
茶の湯都七名水

 滋野井(しげのい)は、都七名水の一つ

 平安時代初期、公家で学者の滋野貞主が住んでいた滋野井殿があったところ

 京生麩の老舗 麩嘉(ふうか)により、井戸が掘り下げられ、京生麩に用いられるとともに、名水が提供されている

【滋野井の歴史・経緯】


【滋野井】

 <滋野井(しげのい)>
 平安時代初期、公家で学者の滋野貞主が住んでいた滋野井殿にあった泉
 七名水の一つとされた


 <京生麩の老舗 麩嘉(ふうか)>
 1864年(皇紀2524)元治元年
 現在の地に移転してくる
 麩作りに良質な井戸水を多量に必要とするため、滋野井を管理し、取水を行っている
 1980年(皇紀2640)昭和55年
 40m掘り下げて地下60mの水脈より取水を行っている


 <井桁>
 民家の庭に井桁だけが残っていたものを、京都まなびの街生き方探究館(旧滋野中学校)の前に移設された

【滋野井へのアクセス】

 地下鉄 丸太町駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク