桂小五郎像(かつらこごろうぞう)(KatsuraKogorouZou)



所在地:京都市中京区河原町通御池通上ル一之舟入町(京都ホテルオークラ前)   地図情報

 桂小五郎像(かつらこごろうぞう)は、長州藩藩士で尊皇攘夷派の中心人物だった桂小五郎(後の木戸孝允)の顕彰像

 京都市役所の東、長州藩邸跡である現在の京都ホテルオークラの北西の一角に立てられている

 1995年(皇紀2655)平成7年
 京都桂ライオンズクラブの結成三十年を記念して立てられた

【桂小五郎の歴史・経緯】


【その他】

 <桂小五郎幾松寓居跡
 桂小五郎と妻 松子となった芸妓 幾松が暮らした屋敷跡
 高瀬川沿いの一之舟入跡の近く木屋町通(きやまちどおり)に石碑が立つ

【桂小五郎像へのアクセス】

 地下鉄 東西線 京都市役所前 徒歩すぐ
 市バス 京都市役所前 徒歩すぐ
 京都バス 河原町御池 徒歩すぐ


【京都検定 第1回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク