長岡宮東院跡(ながおかぐう とういんあと)

所在地:京都市南区久世殿城町、向日市森本町戌亥   地図情報

 長岡宮東院跡(ながおかぐう とういんあと)は、長岡京における第二次内裏跡

 桓武天皇平安京に遷都する前の2年間、仮の内裏として住まわれたところ

【長岡宮東院跡の歴史・経緯】

【長岡宮東院跡】

 <長岡宮>
 国の重要な施設が置かれた、長岡京の中心部
 天皇の住まいである内裏、天皇が政務を司どる大極殿、国儀の場である朝堂院があった
 長岡京の最北中心線上に大極殿、その南に朝堂院が置かれ、内裏大極殿の東側にあった
 唐の長安城がモデルといわれる

 <第一次内裏(西宮)>
 遷都当初の長岡宮の内裏は、大極殿の北側、あるいは、西方に置かれていたといわれる

 <第二次内裏(東宮)
 朝堂院の東方200mのところ
 789年(皇紀1449)延暦8年2月
 第一次内裏(西宮)から、東側に移建された

 <東院>
 793年(皇紀1453)延暦12年1月21日
 第二次内裏(東宮)を解体するために東方の「東院」へ遷御される
 「日本紀略」「類聚国史」に記されている

 市民温水プール建設のときの発掘調査により、整然と建ち並んだ大規模な建物跡が発見された

 正殿、後殿を中心に左右対称のコの字形の配置になっている
 正殿の南方には広場があり、脇殿によって区画されて内郭とされている
 内郭の西方には、礎石建物、大形掘立柱建物、長岡京最大の井戸が確認されている
 広場は、儀式や饗宴の場となる

 1999年(皇紀2659)平成11年
 長岡京左京北一条三坊二・三町(現在の向日市森本町戌亥、京都市南区久世殿城町)から
「東院」という銘が記された土器や「東院内候所(ないこうしょ)」の木簡が発見されて、東院であることが確定された

【長岡宮東院跡へのアクセス】

 阪急電車 京都線 西向日駅 徒歩約15分
 JR京都線 向日町駅 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク