大雅堂旧跡(たいがどうきゅうせき)(Ruins of Taigado)

所在地:京都市東山区下河原鷲尾町   地図情報

 大雅堂旧跡(たいがどうきゅうせき)は、東山に江戸時代中期の南画家 池大雅・妻 玉瀾を偲んで建てられた草庵の旧跡

 円山公園の南、ねねの道に面して、音楽堂の土手に「大雅堂旧跡」「和光同塵」の石碑が立っている

 揮毫は、池大雅の友人、相国寺慈雲庵主 大典顕常禅師(だいてんけんじょう)による

【大雅堂の歴史・経緯】

【大雅堂】

 <葛覃居(かつたんきょ)>
 池大雅・玉瀾夫妻が暮らした草庵
 現在の碑の西、現在の大雲院の西南端付近にあったといわれる

 <大雅堂(たいがどう)>
 池大雅・玉瀾夫妻の没後、弟子37人が夫妻を偲んで、雙林寺内に建てた
 「歌仙堂」とも称される
 歌人 木下長嘯子(きのしたちょうしょうし)の歌仙堂遺構を移築された
 二階建、6畳間があり、別室に金銅製の観音像が安置された
 庭には、長嘯子遺愛の石造手水鉢が置かれた

【大雅堂旧跡へのアクセス】

 市バス 祇園 下車 徒歩約7分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク