永養寺(えいようじ)(EiyouJi)

所在地:京都市下京区寺町通高辻通上ル東側恵美須之町   地図情報

浄土宗の寺院

山号:称名山

本尊:阿弥陀如来

開山:不詳

中興の祖:鎌倉の光明寺8世 観誉(かんよ)

 永養寺(えいようじ)は、寺町通高辻通上ルにある寺院

 本尊は、慈覚大師 円仁が造像したもので「疱瘡守護如来」と称され、平重盛が護持仏にした

 天明の大火では、鴨川の東岸から永養寺に焼け移り、市中に広がっていった

【永養寺の歴史・経緯】

【永養寺の伽藍】

 <本堂>

【永養寺の寺宝】

 <本尊 阿弥陀如来像
 平安時代初期
 疱瘡(天然痘)が流行して、鴨川の河原が遺体であふれたといわれる
 天台宗の僧 慈覚大師 円仁が疫病を鎮めるために造像して本尊としたといわれる

 平重盛が、「疱瘡守護如来」と称して護持仏にして、後に寺に遷された

【その他】

 <永養寺町(下京区)>
 現在の地の西
 かつて永養寺があったところで、地名の由来となった
 1637年(皇紀2297)寛永14年
 「洛中絵図」には「ゑようし町」と記されている

 曹洞宗開祖 道元禅師が、病の療養のために永平寺から京へ戻り、永養寺町の弟子の屋敷に滞在し、そこで亡くなった


 <天明の大火
 1788年(皇紀2448)天明8年1月30日早朝
 鴨川の東岸、団栗辻子の民家から出火
 強風にあおられ、鴨川を越えて、永養寺に燃え移り、市中に広がっていき80%を類焼させた

【永養寺へのアクセス】

 阪急電車 京都線 河原町駅 徒歩約10分
 京阪電車 本線 祇園四条駅 徒歩約15分

LINEで送る

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク