弘誓寺(ぐぜいじ)(GuzaiJi)

所在地:京都市上京区六軒町通下立売西入ル 長門町   地図情報

浄土宗の寺院

山号:長門山

本尊:阿弥陀如来

通称:長門寺(ながとじ)

 弘誓寺(ぐぜいじ)は、下立売通を千本通から西に入った長門町にある寺院

 江戸時代の武士 木村重成(長門守)の屋敷があったところで長門町にあり、長門山 長門寺(ながとじ)とも称される

 周辺にも各宗派の寺院がいくつもあり「てらまち」とも称される地域にある

【弘誓寺の歴史・経緯】

【弘誓寺の伽藍】

 <本堂>

 <地蔵堂>
 子育地蔵尊が祀られている

 <鎮守堂>
 堀川派の祖、新刀の祖 刀工 堀川国広が祈誓をかけたといわれる

 <墓地>
 江戸時代後期の画家 亀岡規礼のお墓がある

【その他】

 <西の弘誓寺>
 西之京弘誓寺(中京区西ノ京中保町)がある
 江戸時代初期、二世 本阿潤白が両寺の住持を兼ねている

【弘誓寺へのアクセス】

 市バス 千本出水・丸太町七本松・千本丸太町 徒歩数分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 二条駅 徒歩約12分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 円町駅 徒歩約15分
 嵐電 北野線 北野白梅町駅 徒歩約15分

LINEで送る

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク