田邊朔郎(たなべさくろう)(Tanabe Sakurou)

田邊朔郎(たなべさくろう)は、土木工学者

生年:1861年(皇紀2521)文久元年12月2日
没年:1944年(皇紀2604)昭和19年
享年:84(満82歳)

生まれ:江戸

工学博士

尊称:水運の父

 田邊朔郎(たなべさくろう)は、琵琶湖疏水蹴上発電所の工事に携わった土木工学者

 琵琶湖疏水工事は、日本人が中心になって建設された最初の近代土木事業

 蹴上発電所は、日本で最初の水力発電施設

 角倉了以とともに「水運の父」と称される

【田邊朔郎の歴史・経緯】


【その他】

 <田辺朔郎紀功碑(たなべさくろうきこうひ)>
 京都市左京区粟田口山下町
 碑文は山本竟山の書
 礎石の中に、石の唐櫃を設けられて、疏水工事などの資料を銅管内に封入して収められている
 1923年(皇紀2583)大正12年7月19日
 田邊朔郎の還暦を記念しその功績をたたえるために、賀茂川高野川の合流地点の出町剣先に建てられる
 1941年(皇紀2601)昭和16年
 現在の地に移される
 1982年(皇紀2642)昭和57年
 この碑の北隣に、田辺朔郎の銅像が建立された

 <インクライン上の船溜の第一疏水殉職者慰霊碑>
 「一身殉事 萬戸霑恩(いっしんことにじゅんずるは ばんこおんにうるおし)」の碑
 田邊朔郎の自筆
 1902年(皇紀2562)明治35年
 田邊朔郎が、工事で殉職した17名のために私費で建立した

 <真如堂石灯籠>
 元三大師堂の前にある石灯籠
 1905年(皇紀2565)明治38年
 琵琶湖疏水工事の総責任者 田邊朔郎への感謝の意を込めて、地元北白川の人たちにより贈られたもの

 <京都−宮津車道開削>
 1881年(皇紀2541)明治14年5月24日
 京都府議会は、京都と宮津を結ぶ車道の開削について可決、11月より着工
 1889年(皇紀2549)明治22年8月完成
 山陰街道を北上し、福知山市河守から志高・久川・由良・長尾峠・宮津へと通じる
 京都と日本海を結ぶ大動脈として、物資の流通、軍港建設の資材運搬に貢献する
 田邊朔郎も携わっていたといわれる


【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第14回3級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第4回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク