六道の辻(ろくどうのつじ)

所在地:京都市東山区松原東大路西入小松町   地図情報

 六道の辻(ろくどうのつじ)は、六道珍皇寺の近くの、松原通(旧五条通)が、轆轤町(ろくろちょう)にかかるところの辻のこと

 かつて、この辺り一帯から東山の麓にかけて「鳥辺野」と称される葬送の地だったといわれる

 <六道(ろくどう)
 「六道」とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の6つの世界のことで、
 生前の善悪の行いによってそれぞれの世界に導かれといわれる

 「六道の辻」は、鳥辺野の葬送の地にかけて、現世とあの世の境にあたるといわれる

 <六道珍皇寺
 閻魔堂には閻魔大王と小野篁の像が安置されている

 <小野篁の冥土通い
 小野篁は、昼は朝廷で、夜は、あの世の閻魔庁に使えていたといわれ、六道珍皇寺の庭に、あの世に行くための井戸がある

【六道の辻の歴史・由来】



【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第3回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク