男爵前田正名君記念碑(だんしゃくまえだまさなきねんひ)

所在地:京都市東山区林下町   地図情報

 男爵前田正名君記念碑(だんしゃくまえだまさなきねんひ)は、東山区知恩院の築地塀の外、神宮道に面して立っている碑

 前田正名は、薩摩藩藩士で、明治政府の殖産興業政策を立案し実践した中心人物

 近くの知恩院境内には、前田正名碑も建てられている

【前田正名】

 前田正名(まえだまさな)

 明治政府の殖産興業政策の政策立案と実践した中心人物

 生年:1850年(皇紀2510)嘉永3年3月12日
 没年:1921年(皇紀2581)大正10年8月11日
 享年:72
 爵位:男爵

【石碑「男爵前田正名君記念碑」】

 知恩院の築地塀の外、神宮道に面して立っている石碑


【前田正名碑】

 知恩院の境内に建てられている

 建立年 1925年(皇紀2585)大正14年
 建立者 前田男爵建碑会

 高さ210cm × 幅275cm × 奥行90cm

 <西側>
 富岡鉄斎により、行脚中の前田正名の姿が描かれている
 1910年(皇紀2570)明治43年6月に、前田正名が欧州視察時に贈った七言古詩が刻まれている

 富国強兵豈無
 術厚生利用在
 民安丹心惟有
 皇天鑒至老
 不辞行路難
  明治四十三年六月
  前田正名君再赴欧州日
   賦此送之旧作
    大正甲子四月 八十有九叟


 <東側>
 前田君碑陰記
 君諱正名薩摩前田氏故麑島藩士諱善安二子幼愛卉木好樹芸九歳就
 外傅読洋書明治中興初*派出洋留学法京学成補外務書記生服勤使
 署居四歳会法国新敗議設万国賽会以資興復君投袂起曰出陳邦産開
 広銷路好機不可失即請帰朝建言当路明治十年有命以事務官長辨理
 賽務先期而往#事而還使西人知我民物之美君之力也是時我邦開埠
 伊始出口之貨概由外人販運以致商柄外移漏巵日鉅君深有慨焉既自
 法返画策挽回名云直輸貿易意見歴訪枢要開陳利病遂周遊海内倡収
 柄塞漏之議時人未達謗言紛集君不少撓執持弥堅実明治十四年也是
 年為大蔵大書記官旋改農商務以理事官出差由美之欧閲年而帰著興
 業意見累篇五十巻開物裕民之計振商恵工之方備焉二十二年由工務
 局長転農務局長次年陞農商務次官遷元老院議官亡幾移疾致仕初君
 策直輸貿易挙専設銀号勧集公司団結産業三事為之先務既而横浜正
 金各埠公司相踵創立独産業団体未見端倪君意甚憾遂慨然解組縛自
 便馳駆自是東西南北席不暇暖寒郷僻邑無遠不至至則招呼父老告以
 糾団合力之急又屡往来海外以大局機運警醒民商開導万方貫以一誠
 於是茶業会先成五二会継之農事蠶絲燐寸木蝋造酒畜産炭礦諸会又
 継之 有商工貿易等会相為表裏乃分全国為八区歳事作区大会全国
 大会籌商各業応行事宜作各種賽会奨進技能君則周巡各区輪荏各会
 督率提撕惟恐不及民商倚重称為白衣農相大正十年君有事鎮西抵博
 多獲疾八月十一日病革遂不起距其生弘化三年三月享年七十有六先
 是君以特簡列貴族院議員賜藍綬褒章易簀日叙正三位勲二等授男爵
 宣 旨至而君不及知矣君以振興産業為己任而不居其功其図利用厚
 生一以正徳為本嘗公所見一篇勧忠孝戒躁浮毎集衆作会必奉 御容
 展拝而後従事平生無玩好口腹之欲声色之娯一旦遇義慷慨敢為不辞
 険難労瘁其留学巴黎値徳兵攻囲乞入卒伍備嘗艱苦大正八年列強議
 和君単身入法奔走旧識将相間斡旋甚力可見其与天下相 之情至
 老不衰也君既見背海内故旧同人思慕不已胥謀樹碑平安華頂山勒遺
 愛不朽平安者産業枢紐華頂乃団体告成之地因営山門之北拠爽 臨
 間曠崇其基固其趺面刻富岡鉄斎先生所贈詩画先生与君旧交知君心
 事尤熟者又以甚三郎早受君知属以碑陰之文推不得辞於是拠所見聞
 詮次為記其世次嗣続繋於家譜仕宦閲歴録於有司異聞軼事伝於口碑
 者皆不論著其関民生国計之要者庶幾不負君之平生歟
  大正十三年歳次甲子十一月
  前田男爵建碑会会長従五位勲四等内貴甚三郎撰

 <北側>
  前田男爵建碑会
  会長     内貴甚三郎
  幹事長    丹羽圭介
  東京主任幹事 福島宜三
    大正十四年四月建設
  大阪主任幹事 愛甲兼達
  庶務主任幹事 平野吉兵衛
  募集主任幹事 高田新助
  会計主任幹事 福田重助

 <南側>
  前田男爵建碑会
  顧問 子爵 高橋是清
  顧問 男爵 九鬼隆一
  顧問 男爵 武井守正
  顧問 男爵 平山成信
  顧問    若林賚蔵
  顧問    馬淵鋭太郎
  顧問    池松時和

【アクセス】

 市バス 知恩院前 すぐ
 京阪電車 四条あるいは三条 徒歩約15分
 地下鉄 東西線 東山 徒歩約15分
 阪急電車 四条河原町駅 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク