蛭子山(えびすやま)(Ebisu-Yama)

蛭子山(えびすやま)

山鉾町:塩屋町

所在地:亀岡市塩屋町   山鉾の地図

山鉾:舁山

ご神体:釣り上げた大きな鯛を抱いてニッコリと笑った恵比寿像


建造年:1751年(皇紀2411)寛延4年頃

高さ:3.925m
屋根幅:2.7204m

 蛭子山(えびすやま)は、亀岡祭山鉾の一つ

 毎年多くの子どもたちに引かれて巡行する

【蛭子山の歴史・経緯】

 旧胴幕に転用された水引幕の銘文によると
 江戸時代中期
 1751年(皇紀2411)寛延4年頃
 建造されたといわれる

 1769年(皇紀2429)明和6年
 下水引が新調される

 1832年(皇紀2492)天保3年
 前掛幕・胴幕などが新調される

【蛭子山のご神体】

 ご神体は、釣り上げた大きな鯛を抱いてニッコリと笑った恵比寿像

【蛭子山の懸装品】

 大型綴錦を11枚も所蔵している

 <見送>
 西陣織の大型綴錦で、絹と麻の綴織「蘭人図綴錦」
 3人のオランダ人を描いた外国の風景を題材にした、鎖国時代の当時には珍しいもの
 1831年(皇紀2491)天保2年頃の製作
 1985年(皇紀2645)昭和60年に補修されている

 <見送下掛下部>
 18世紀の朝鮮毛綴半裁「五羽鶴図」

 <前掛>
 紺羅紗地「宝」字切付刺繍
 1987年(皇紀2647)昭和62年に修理されている

 <旧胴幕>
 紋綾「雲龍立湧文様紅白綿緞子」
 1809年(皇紀2469)文化6年の新調

 <旧胴幕>
 繻珍綿「緋羅紗・雲龍立湧文様繻珍綿」
 1831年(皇紀2491)天保2年の新調

 <胴幕>
 緋羅紗「赤地金襴立継」
 1988年(皇紀2648)昭和63年に修理されている

 <旧水引裏布>
 未晒麻
 1751年(皇紀2411)寛延4年9月の新調

 <旧下水引>
 金駒繍「緋羅紗地蔓柏紋刺繍」
 1831年(皇紀2491)天保2年の新調

 <旧天水引(2枚)>
 金襴「赤地柘榴地文様」
 江戸時代後期のもの

 <水引幕>
 金駒繍「緋羅紗地蔓柏紋刺繍」
 1986年(皇紀2646)昭和61年に修理されている

【蛭子山へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から徒歩約15分

LINEで送る

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク