浄圓寺(じょうえんじ)(JyouenJi)

所在地:京都市上京区下立売通七本松西入ル 長門町   地図情報

浄土宗知恩院派の寺院

山号:清涼山

本尊:阿弥陀如来

開基:鉄公

観音めぐり第19番札所(乾観世音)

 浄圓寺(じょうえんじ)は、下立売通千本通から西に入った長門町にある寺院

 江戸時代の武士 木村重成(長門守)の屋敷があったところで長門町と称される

 幕末維新池田屋騒動の舞台になった旅館 池田屋の主人 池田屋惣兵衛(長門国出身)のお墓がある

 周辺にも各宗派の寺院がいくつもあり「てらまち」とも称される地域にある

【浄圓寺の歴史・経緯】

【浄圓寺の伽藍】

 <本堂>
 本尊 阿弥陀如来立像が祀られている
 本尊の右に乾観世音菩薩が安置されている
 観音めぐり第19番札所とされる


 <石標>
 門前に立っている
 「浄土宗 清涼山 浄圓寺」
 横には「乾観世音 第十九番」と刻まれている


 <池田屋惣兵衛のお墓>
 池田屋騒動の翌日、京都町奉行に出頭し捕らえられ六角獄舎内で病死した
 遺体は家族により出身の長門国ゆかりの浄円寺に葬られる
 お墓は、京都霊山護国神社にもある

【浄圓寺へのアクセス】

 市バス 千本出水・丸太町七本松・千本丸太町 徒歩約5分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 二条駅 徒歩約12分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 円町駅 徒歩約15分
 嵐電 北野線 北野白梅町駅 徒歩約15分

LINEで送る

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク