南殿順興寺(なんでんじゅんこうじ)(Nanden JyunkouJi)

所在地:京都市右京区鳴滝松本町   地図情報

浄土真宗本願寺派の寺院

山号:竜華山(りゅうげさん)

本尊:阿弥陀如来

開基:蓮如上人

別称:やしょうめ寺

 南殿順興寺(なんでんじゅんこうじ)は、鳴滝の周山街道から外れて、北西への坂道を登った白砂山の中腹にある寺院

 三寶寺への参道坂道の途中にある


【南殿順興寺の歴史・経緯】


【南殿順興寺の伽藍】

 <本堂>
 鉄筋コンクリート造

 <蓮如上人御像>
 前庭に蓮如上人のブロンズ像が立っている

 <大僧都実従兼智の記念碑>
 山門の左手に立っている


【南殿順興寺の寺宝】

 <片破れの名号>
 天正年間(1573年~1592年)
 織田信長が、大坂石山本願寺を攻めたとき、顕従(けんじゅう)の身代わりになって討死した僧兵がいた
 遺体の鎧袖の中には、二つに切られた蓮如上人自筆の六字命名の一つが残されており、
「片破れの名号」と称され寺宝とされたものが残されている

【南殿順興寺の祭事】

 <春の彼岸会・蓮如忌>
 春分の日の頃
 祇園の房の屋の芸妓社中により「やしょめの踊」の奉納が行われる

 「やしょうめ」の地唄舞いは、蓮如上人の子守唄といわれている
 「やしょめ、やしょめ、京の町のやしょめ、売ったるものは、なにやしょめ」

 1965年(皇紀2625)昭和40年から行われている

【南殿順興寺へのアクセス】

 JRバス 三寶寺 徒歩約5分
 市バス 福王子 徒歩約20分
 嵐電 宇多野駅 徒歩約20分

LINEで送る

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク