新選組洛中最後の屋敷跡(しんせんぐみらくちゅうさいごのやしきあと)

所在地:京都市下京区西洞院塩小路下ル南不動堂町 ハトヤ瑞鳳閣前   地図情報

 新選組洛中最後の屋敷跡(しんせんぐみらくちゅうさいごのやしきあと)は、京都駅の北西、ハトヤ瑞鳳閣前に立つ石碑

 西本願寺を屯所としていた新選組が将軍 徳川慶喜の直属の軍隊となり、建立された新屋敷の跡地とされる

 半年後、新政府軍との鳥羽・伏見の戦いの敗戦で京都を去ることになり、最後の屋敷となる

【新選組洛中最後の屋敷の歴史・経緯】


【不動堂村屯所】

 不動堂村屯所は、新選組が将軍 徳川慶喜の直属の軍隊となり建立された屋敷

 半年後には、新政府軍との鳥羽・伏見の戦いで敗れ京都を去ることになり、最後の屋敷となった

 屋敷の場所は、七条堀川下ルあたりとされ不詳

 <石碑>
 2009年(皇紀2669)平成21年10月
 ハトヤ瑞鳳閣により建立される
 碑文東:此付近 新選組最後の洛中屋敷跡
 碑文南:旧山城国葛野郡不動堂村
 碑文北:旧平安京八条二坊十五町
 碑文西:二〇〇九年一〇月 ハトヤ瑞鳳閣建之

 <葛野郡不動堂村>
 この付近は、平安京の八条二坊十五町にあたる
 鎌倉時代
 「八条院町」と称され、鋳物の生産が多数行われていた工業地域だった
 戦国時代には農村化する
 豊臣秀吉の都市改造政策による御土居の内側に位置しており、洛中とされる
 江戸時代には、農村の葛野郡不動堂村が形成されていた

【アクセス】

 市バス 三哲 あるいは 区総合庁舎前 徒歩すぐ
 京都駅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク