法蔵禅寺(ほうぞうぜんじ)(houzouZenji)

所在地:京都市右京区鳴滝泉谷町   地図情報

黄檗宗の寺院

本尊:観音菩薩

開山:百拙元養(ひゃくせつげんよう)

別称:法蔵寺(ほうぞうじ)

 法蔵寺(ほうぞうじ)は、鳴滝の周山街道から北に外れて、坂道を登りつめた西寿寺の途中の西側の山腹にある寺院

 二条家の山屋敷であったものを、
江戸時代の工芸家 尾形光琳の弟 尾形乾山が譲り受け、乾山焼きの窯を築いた所

 仁和寺宮覚性法親王(鳥羽天皇皇子)の泉殿の旧跡地にちなみ、「泉谷(鳴滝泉谷町)」と称される地

 山門の付近は、紅葉となる

【法蔵禅寺の歴史・経緯】


【法蔵禅寺の伽藍】

 <方丈>
 近衛家煕(予楽院)が、永代祈願所として寄進したもの
 何度かの改築で原形はとどめていない

 <墓地>
 百拙元養和尚のお墓
 儒者 尊攘派志士の春日潜庵のお墓

 <窯跡>
 境内は、尾形乾山の旧宅地だった
 背後の山腹墓地に、尾形乾山の窯跡がある
 1712年(皇紀2372)正徳2年まで使われていたといわれる
 作陶用の井戸も残っている


【法蔵禅寺の寺宝】

 <観音菩薩像
 近衛基煕の念持仏だったもの

 <百拙元養自画自賛像>
 日本文人画の初期の画僧としての百拙元養和尚が描いた自画

 <黄檗高泉像>
 百拙元養和尚の筆

 <十六羅漢像>
 七条仏師の作

 <十六羅漢図十九幅>
 <尾形乾山の陶片>

 <襖絵>
 近衛家煕(予楽院)旧殿に近衛家 家臣 渡辺始興が描いた襖絵があった
 現在は所在不明

【その他】

 <尾形乾山宅跡・尾形乾山陶窯跡地
 門前に石碑が立っている
 境内は、尾形乾山の旧宅地だった
 背後の山腹墓地に、尾形乾山の窯跡・作陶用の井戸がある
 1712年(皇紀2372)正徳2年まで使われていたといわれる
 付近から、椀・皿・窯道具・窯体片などが出土した

 <春日潜庵先生墓
  門前に、春日潜庵のお墓があることを示す石碑が立っている

【法蔵禅寺へのアクセス】

 嵐電 北野線 高雄口駅 徒歩約10分
 市バス 福王子 徒歩約10分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 花園駅 車で約10分

LINEで送る

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク