法然上人御遺跡 六時礼讃根源之地(ろくじらいさんこんげんのち)

所在地:京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル三丁目南町   地図情報

 法然上人御遺跡 六時礼讃根源之地(ほうねんしょうにんごいせき ろくじらいさんこんげんのち)は、
浄土宗における法要、念仏三昧行のひとつ六時礼讃(ろくじらいさん)の由来の地

 法然上人が、引導寺(現在の青龍寺)において、
後白河天皇の追善菩提のために、見仏(けんぶつ)の招きをうけて、別時念仏を行ったのが由来

【六時礼讃根源之地の経緯】

【六時礼讃】

 <六時礼讃(ろくじらいさん)>
 浄土宗における法要、念仏三昧行のひとつ

 中国の僧 善導の「往生礼讃」に基づいて1日を6つに分け、それぞれにおいて誦経(読経)、念仏、礼拝を行う

 天台声明を基にした美しい旋律が特徴で、後半になるにしたがい高音の節が荘厳さを増すとされる


 <六時>
 日没(にちもつ):申〜酉の刻
 初夜(しょや) :戌〜亥の刻
 中夜(ちゅうや)(半夜(はんや):子〜丑の刻
 後夜(ごや) :寅〜卯の刻
 晨朝(じんじょう):辰〜巳の刻
 日中(にっちゅう):午〜未の刻

【六時礼讃根源之地】

 <法然上人御遺跡 六時礼讃根源之地(ほうねんしょうにんごいせき ろくじらいさんこんげんのち)>
 青龍寺(当時の大宝寺・引導寺)の門前に石碑が立つ

 <石碑>
 建立年:1978年(皇紀2638)昭和53年
 大きさ:高さ131 × 幅22 x 奥行21cm

 碑文:
 (北側)法然上人御遺跡 青龍寺 六時礼讃根源之地
 (南側)昭和五十三年六月吉日

【六時礼讃根源之地へのアクセス】

 市バス 東山安井、清水道 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク