幕末維新ミュージアム「霊山歴史館(りょうぜんれきしかん)」

所在地:京都市東山区清閑寺霊山町   地図情報

建設:1970年(皇紀2630)昭和45年

運営:財団法人 霊山顕彰会

 幕末維新ミュージアム「霊山歴史館(りょうぜんれきしかん)」は、東山の京都霊山護国神社の南にある幕末維新の総合資料館

 維新の道の途中にある

【霊山歴史館の歴史・経緯】


【幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」】

 幕末維新に政治の中心地となった京都で活躍した志士・大名・公家・文人・画家などの
遺墨や遺品・書状・各種資料・文献などを収集、調査、研究し、公開展示が行われている

 坂本龍馬、中岡慎太郎、西郷隆盛桂小五郎高杉晋作など倒幕派志士の遺品、
新選組徳川慶喜松平容保など幕府側に関する資料など、倒幕・佐幕両派双方のものが数多くある

  5000点を超える収集資料があり、約100点の常設展が行われている

【その他】

 <霊山顕彰会>
 1968年(皇紀2628)昭和43年
 明治100年に当たり、荒廃していた霊山聖地を再興するために、京都在住の有志が、松下幸之助(当時の松下電器産業会長)ら
関西財界人の協力を得て発足す
 1975年(皇紀2635)昭和50年
 財団法人となる

 日本伝統の精神文化を振興し、その良さを21世紀に伝えてゆくという使命と目的を持ち、明治維新研究センタとして、
幕末・明治維新資史料の収集と研究を行う霊山歴史館を建設する

 岐阜・山口・福岡・熊本・鹿児島の各県に、県支部が設立されている

【アクセス】

 市バス 清水道 または 東山安井 徒歩約10分
 京阪電車 祇園四条駅 徒歩で東へ約20分
 阪急電車 河原町駅 徒歩で東へ約25分


【京都検定 第7回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク