薩摩藩邸跡(さつまはんていあと)

薩摩藩邸跡(さつまはんていあと)

所在地:京都市上京区今出川烏丸上ル岡松町 同志社大学西門前   地図情報

 薩摩藩邸跡(さつまはんていあと)は、幕末維新相国寺南の二本松に新たに造られた二本松藩邸の跡

 薩摩藩邸は、本邸が錦小路東洞院の「錦小路藩邸」、伏見下板橋通に「伏見藩邸」の3ヶ所と、
等持院の近くに、小松原薩摩藩調練場の一角に勤番屋敷があった

 二本松藩邸は、現在、同志社大学の一部となっている

 薩摩藩は、島津氏を藩主とする外様藩で、約77万石
 幕末維新では、公武合体派を推進する中心的な藩となる

【薩摩藩邸の歴史・経緯】


【二本松薩摩藩邸】

 二本松薩摩藩邸は、相国寺南門 勅使門の横から西側にL字型に相国寺境内に沿うように、
 今出川通を隔てて、島津家と関係の深い近衛家の屋敷(京都御苑内)と向かい合うように建っていた

 御所の北側にあった武家屋敷には、御付武家以外では、薩摩藩のみ藩邸があった

 近くには西郷隆盛邸や薩摩藩 家老 小松帯刀邸もあったといわれる

 敷地の広さ:5805坪(約1万9千m2)
 建物:9棟と多くの土蔵が立ちならんでいた

 <石碑「此付近薩摩藩邸跡」>
 同志社大学の西側の門近くに立つ

【薩摩藩邸跡へのアクセス】

 地下鉄 今出川駅 すぐ
 市バス 烏丸今出川 徒歩すぐ


【京都検定 第7回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク