紫宸殿(ししんでん)

紫宸殿(ししんでん)は、天皇の私的な在所である内裏の正殿

天皇の元服や立太子礼、譲国の儀、節会(せちえ)などの公的な儀式が行われ、
後には即位礼や大嘗祭などの儀式も行われるようになった

別称:南殿(なでん)・前殿・南大殿・正寝・紫震殿

天皇の普段居住する私的な殿舎である清涼殿に対し、紫宸殿は公的な意味合いが強かった

【紫宸殿の歴史・経緯】

【紫宸殿】

 <紫宸殿>
 内裏の南部分にある第1の御殿であり、内裏の正殿とされる

 南殿(なでん)・南大殿・前殿・正寝とも称される

 内裏のほぼ中央の位置には、仁寿殿(じじゆうでん)があり、紫宸殿がその南に建てられた

 南に広い白砂の南庭がある

 庭を囲んで、東側に宜陽殿・日華門・春興殿・左掖門(さえきもん)
 西側に、校書殿(きようしよでん)・月華門・安福殿・右掖門
 東西対称的に殿舎・門が並び、南庭の南に承明門(じようめいもん)、さらにその南に建礼門がある


 南面して建つ
 入母屋造神明造寝殿造・素木造(しらきつくり)・檜皮葺(ひわだぶき)の建物
 内部は、板敷きの広い空間で、天井を張らない化粧屋根裏、華美な装飾のない簡素な建物
 東西約33m、南北約23m

 正面九間の母屋の中央の北寄りには高御座が置かれている

 中央の母屋の東西南北の四方に廂(ひさし)(庇)を設け、さらにその外側に高欄の設置された簀子がある

 母屋と北廂の間には、賢聖障子(けんじようのそうじ)と称されるパネル状の押障子で仕切られている

 南廂の中央には18段の階(南階)がある


 <賢聖障子(けんじようのそうじ)>
 高御座の背後(北側)、母屋と北廂の間に、はめ込まれる押障子
 中国の聖賢や名相ら32人の肖像画が描かれている


 <南庭>
 紫宸殿の前庭
 広い白砂の庭
 18段の南階の東に桜、西に橘が植えられており、
 それぞれの近くに左近衛と右近衛が配陣したため「左近の桜・右近の橘」と称される


 <左近陣座(さこんのじんのざ)>
 左近衛の陣所
 南庭から宜陽殿に続く軒廊(こんろう)にある
 摂関政治時代にには、ここで摂関を座長とする朝議が行われ、実質的な国政の中心となった

 まれに、校書殿の東廂にある「右近陣座」でも行われた


 <天子南面す
 古来中国においては、国の君主である天子は北を背に南を向いて人民を治めるとされる
 これにならって、平安京も造営されている

【紫宸殿のゆかりの地】

 <仁和寺
 金堂(こんどう)(国宝
 1613年(皇紀2273)慶長18年に建立された紫宸殿を移築、改造された、桃山時代の寝殿造の遺構として貴重なもの
 宮殿から仏堂への用途変更に伴い、屋根を檜皮葺きから瓦葺きに変えるなどの改造が行われているが、
宮殿建築の雰囲気がよく残されている


 <宗像神社
 元左近の桜
 1936年(皇紀2596)昭和11年に、紫宸殿の左近の桜を拝領したもの


 <常照皇寺
 御車返しの桜
 岩倉具視が、紫宸殿の「左近の桜」より株分けしたもの
 後水尾天皇の名命


 <二尊院
 本堂
 紫宸殿を模していて外陣の廊下は鴬張りになっている


 <三千院
 宸殿(しんでん)
 白木造、紫宸殿の外観が模されている


 <天龍寺
 多宝殿(たほうでん)
 鎌倉時代頃の建築様式を用いて、後醍醐天皇の吉野行宮時代の紫宸殿を模して建てられている


【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第15回3級】

【京都検定 第16回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第15回2級】

【京都検定 第16回2級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第14回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク