火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)

火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)は、日本神話に登場する天津神

古事記:火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤヲ)、火之R毘古神(ヒノカガビコ)
日本書紀:軻遇突智(カグツチ)、火産霊(ホムスビ)

父神:伊邪那岐神
母神:伊邪那美命

性別:男神

神格:火の神、防火の神、鍛冶の神

 火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)は、日本神話に登場する天津神

 伊邪那岐命と伊邪那美命の神生みにおいて、17柱の最後に生まれた火の神

 火の神である火之迦具土神を生んだ伊邪那美命は、女陰が焼けてしまい病気になり死んでしまい、
 怒った伊邪那岐神に、十拳剣「天之尾羽張(アメノオハバリ)」で殺されてしまう
 そのときに、十拳剣に付いた火之迦具土神の血や遺体から、火の神・山の神・剣の神など様々な神々が生まれた

 全国各地の愛宕神社、秋葉神社、野々宮神社などで祀られている

古事記

 古事記伊邪那岐命と伊邪那美命の神生み」の章に登場する

 伊邪那岐神伊邪那美命は、国を生み終えた後に、17柱の神々を生む

 最後に生んだのが、  火の神で、火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤヲ)別称:火之迦具土神(ヒノカグツチ)と称される

 火の神である火之迦具土神を生んだ伊邪那美命は、女陰が焼けてしまい病気になり死んでしまう

【火之迦具土神】

 火之迦具土神(ヒノカグツチ)は、日本神話に登場する火の神

 伊邪那岐命と伊邪那美命の神生みにおいて、17柱の最後に生まれた

 火の神である火之迦具土神を生んだ伊邪那美命は、女陰が焼けてしまい病気になり死んでしまい、
 怒った伊邪那岐神に、十拳剣「天之尾羽張(アメノオハバリ)」で殺されてしまう
 そのときに、十拳剣に付いた火之迦具土神の血や遺体から、火の神・山の神・剣の神など様々な神々が生まれた

 <別称>
 古事記では、火之夜藝速男神(ヒノヤギハヤノカミ)・火之R毘古神(ヒノカガヒコノカミ)
 日本書紀では、軻遇突智(カグツチ)、火産霊(ホムスビ)


 <神名の由来>
 「カグ」は、火が燃える様子を表す
 「火産霊」は、火という神秘な力によって何かが生まれることを表す

 別名にある「ヤギ」は焼き、「ハヤ」は速いを意味して、火が燃えさかる様子を表している
 「カガ」は、篝火(かがりび)の「カガ」で、炎が光る様子を表している


 <神仏習合>
 愛宕神社の愛宕太郎坊天狗や、
 秋葉神社の秋葉山三尺坊大権現とされる


 <神格>
 火の神、防火の神、鍛冶の神などとして信仰されている

【火神迦具土神から生まれた神々】

 古事記火神迦具土神」の章に登場する

 伊邪那岐命は、伊邪那美命の死を悲しんで号泣し、
火之迦具土神を十拳剣「天之尾羽張(あめのをはばり)」で斬り殺すと神々が生まれた

 <十拳剣の先端から血が湯津石村(ゆついはむら)にほとばしり生まれた3柱>
   石折神(イハサク) 剣の神
   根折神(ネサク)  鉄の神
   石筒之男神(イハツツノヲ)剣の神

 <十拳剣の刀身の根本から血が湯津石村にほとばしり生まれた3柱>
   甕速日神(ミカハヤヒ) 雷の神
   樋速日神(ヒハヤヒ)  雷の神
   建御雷之男神 雷の神 別称:建布都神(タケフツ)・豊布都神(トヨフツ)

 <十拳剣の柄から血が指の間に落ちて生まれた2柱>
   闇淤加美神(クラオカミ) 水の神
   闇御津羽神(クラミツハ) 水の神

 <殺された火之迦具土神から生まれた8柱>
   正鹿山津見神(マサカヤマツミ)頭から生まれる
   淤縢山津見神(オドヤマツミ) 胸から生まれる
   奥山津見神(オクヤマツミ)  腹から生まれる
   闇山津見神(クラヤマツミ)  陰部から生まれる
   志藝山津見神(シギヤマツミ) 左手から生まれる
   羽山津見神(ハヤマツミ)   右手から生まれる
   原山津見神(ハラヤマツミ)  左足から生まれる
   戸山津見神(トヤマツミ)   右足から生まれる

【ゆかりの地】

 全国各地の愛宕神社、秋葉神社、野々宮神社などで祀られている

 <愛宕神社
 古くから防火・鎮火の神さんとして信仰されている
 3歳までに参拝すれば一生、火災から逃れられるという千日詣りが行われる


 <愛宕神社亀岡市)>
 愛宕山山頂の愛宕神社へ勧請されたといわれる元愛宕といわれる


 <秋葉神社
 亀山藩藩主 青山忠重により浜松より秋葉三尺坊大権現が勧請される


 末社などに祀られている神社
 <幡枝八幡宮の末社 愛宕社>
 <板列八幡神社の末社 竈神社>
 <北野天満宮の末社 竈社>
 <鍬山神社の末社 愛宕神社>
 <酒屋神社の末社 火産霊神社>
 <下鴨神社の末社 愛宕社>
 <天神社の末社 愛宕神社>
 <八坂神社の末社 多賀社>

LINEで送る

[インデックス]


京都通メンバページ


フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク