智積院(ちしゃくいん)(ChisyakuIn)


所在地:京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町   地図情報

真言宗智山派総本山の寺院

山号:五百佛山(いおぶさん)

本尊:大日如来

開基:玄宥僧正(げんゆうそうじょう)

十六本山巡拝霊場

近畿三十六不動霊場第二十番

京都十三仏霊場第一番

 智積院(ちしゃくいん)は、京都東山三十六峰の南に位置する寺院

 真言宗智山派総本山として、阿弥陀ヶ峰を背景にして約20もの諸堂伽藍が立ち並んでいる

 末寺は、約3000ある


【智積院の歴史・経緯】




【智積院の伽藍】

 東大路通と七条通のT字路に面して総門(東福門院の旧殿の門を移築したもの)が建つ

 <金堂>
 1975年(皇紀2635)昭和50年
 宗祖弘法大師ご誕生1200年の記念事業として建立される
 本尊 大日如来の尊像が安置されている
 毎朝の勤行や、総本山としての多くの法要が行われる

 旧金堂
 江戸時代中期
 1701年(皇紀2361)元禄14年3月
 智積院 第10世 専戒僧正の発願により
 1705年(皇紀2365)宝永2年
 桂昌院(5代将軍 徳川綱吉の生母)の寄進で建立される
 1882年(皇紀2542)明治15年
 火災により焼失してしまう
 1975年(皇紀2635)昭和50年に再建される

 <講堂>
 灌頂道場や各種研修の道場
 もとの方丈
 玄宥僧正が、智積院を再興したときに、徳川家康より寄贈された祥雲寺の法堂が基になっていた
 1682年(皇紀2342)天和2年7月 焼失
 1684年(皇紀2344)貞享元年
 徳川幕府から与えられた東福門院の旧殿、対屋を基に再建される
 1947年(皇紀2607)昭和22年 焼失
 1995年(皇紀2655)平成7年10月
 現在の建物が、興教大師850年御遠忌記念事業(1992年(皇紀2652)平成4年)として再建される
 講堂再建に先だって発掘調査が実施され(1992年(皇紀2652)平成4年)
 祥雲寺客殿の遺構が検出されて、日本でも最大規模の壮大な客殿建築であったことが裏付けされる

 <大書院>
 桃山城の遺構といわる

 <宸殿>
 1947年に焼失し、障壁画(当時の国宝)のうち16面が焼失してしまう

 <明王殿(不動堂)
 本尊 不動明王が安置されている
 1947年(皇紀2607)昭和22年の火災により本堂が焼失したときに、
 本堂の再建のために、大雲院の本堂の譲渡を受け移築されたもの
 1990年(皇紀2650)平成2年
 講堂再建にともなって現在の場所に移築される

 <大師堂>
 真言宗開祖 弘法大師空海の尊像が安置されている
 1789年(皇紀2449)寛政元年の建立

 <密厳堂>
 真言宗中興の祖 興教大師 覚鑁の尊像が安置されている
 1667年(皇紀2327)寛文7年の建立
 正面には、智積院 第七世 運敞僧正(うんしょうそうじょう)の自筆(寛文12年(1672))の「密厳堂」の額が掲げられている

 <宝物館(国宝障壁画を収蔵)>
 <智積院会館(宿泊施設)>

 <庭園(国の名勝)>
 大書院に面した千利休好みの庭園
 1674年(皇紀2334)延宝2年に
 祥雲禅寺時代の庭を、第七世 運敞僧正(うんしょうそうじょう)が修築したもの
 中国の廬山(ろざん)を形どって造られたといわれ、
 土地の高低を利用して築山が造られ、その前面には池が掘られ、山の中腹や山裾に石組みを配して変化が付けられている
 平安時代寝殿造のように、庭園の池が大書院の縁の下に入り込んでいる
 築山・泉水庭園の先駆となる貴重な遺構

 <高浜虚子の句碑>
 「ひらひらと つくもをぬいて 落花かな」
 1930年(皇紀2590)昭和5年4月、高浜虚子が参拝されたときに作られる
 「つくも」は、太蘭(ふとい)のことで、高さ1〜2mの沼などに生える多年草
 句碑は、1973年(皇紀2633)昭和48年2月の建立






【智積院の寺宝】

 <大書院障壁画「桜楓図」25面(国宝)
 桃山時代の作
 長谷川等伯(はせがわとうはく)が描いた「楓図(かえでず)」と、長男の長谷川久蔵が描いた「桜図」
 「松に立葵図」「松に秋草図」「松に黄蜀葵図など
 祥雲禅寺の客殿に描かれていた障壁画
 往時の荘厳を見ることができる大和絵の大作
 災害により原型の1/4にカットされてしまっている

 「桜図」は、金と白を基調にし、2本の桜を中心に、しなやかな枝、全体的に胡粉で盛り上げた直径6cmほどの
八重桜を蒔き散らされ、地面には野の草花が描かれる
 金雲や、群青の池で立体感が出される
 長谷川久蔵が25歳で描き、26歳で亡くなる
 「楓図」は、父親 長谷川等伯が55歳で、人生無常の感から、自己の生命力を画面一杯に傾けて描かれたといわれる
 画面中央の激しい動きの幹や枝、紅葉や秋草の写実性、抽象的な空や池、強いコントラストとパステルカラー調で
絢爛豪華に描かれる

 <金剛経(国宝)>
 南宋時代の書家 張即之の筆

 <布袋唐子嬉戯の図>
 大玄関正面の使者の間に収められている布袋尊と唐子の絵
 1912年(皇紀2572)大正元年
 月樵道人(げっしょうどうにん)の作


【智積院の祭事】

 <修正会> 1月1日
 <新年祝祷式・御昆布式> 1月15日
 <節分会> 2月節分
 <常楽会> 2月15日
 <正御影供> 3月21日
 <仏生会>  4月8日
 <玄宥僧正誕生会> 4月17日

 <青葉まつり>
 6月15日
 弘法大師、興教大師両祖の誕生会法要、柴燈護摩供養が行われる

 <暁天講座> 8月1日〜3日
 <盂蘭盆会> 8月15日
 <冬報恩講> 12月10日〜12日

【その他】

 5月中旬〜6月上旬
 躑躅(ツツジ)、その後を皐月(さつき)が咲き誇る名所
 6月〜9月上旬
 桔梗(ききょう)名所


 <真言宗智山派>
 大本山:成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院
 別格本山:高幡山金剛寺(東京都)、出流山満願寺(栃木県)、大須観音寶生院(名古屋市)
 全国に3000余りの寺院教会と、全国約30万人の檀信徒を持つ

 <化主(けしゅ)>
 智積院では、住職のことを「化主(けしゅ)」あるいは「能化(のうけ)」と称される
 「能化」とは、よく衆生を教化するという意味を持つ

【智積院へのアクセス】

 市バス 東山七条 徒歩約3分
 京阪電車 七条駅 徒歩約10分

LINEで送る

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第17回3級】

【京都検定 第19回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第14回2級】

【京都検定 第7回1級】

【京都検定 第14回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

フェイスブックでシェア LINEで送る

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク