勢至菩薩(せいしぼさつ)

正式名称:大勢至菩薩(だいせいしぼさつ)

仏像における菩薩の一つ

サンスクリット名:マハースターマプラープタ

別名:大精進菩薩、得大勢菩薩

ご利益:智慧明瞭、家内安全、除災招福など

守り本尊:午年

 勢至菩薩(せいしぼさつ)は、仏像における菩薩の一つ

 偉大な智慧の光ですべてのものを照らし、人々に菩薩心の元を与え、無上の力を得させ、迷いや苦しみから救うとされている
 「智慧」とは、物事のあり方を正しく見極める力や判断力を意味する

 人々の臨終のときには、阿弥陀如来とともに来迎して、餓鬼・畜生・地獄の三悪道から救い、極楽に導くといわれる

 阿弥陀如来の右脇侍として、観音菩薩と共に阿弥陀三尊で祀られ、独尊で祀られることはほとんどない

【勢至菩薩】

 <サンスクリット語(梵語)での名前>
 マハースターマプラープタ
 「偉大な勢力を得たもの」という意味があり、「大勢至菩薩」と漢訳される


 <説かれている経典>
 「観無量寿経」には、
 「智慧を持って遍く一切を照らし、三途を離れしめて、無上の力を得せしむ故、大勢至と名ずく」と記されている

 「薬師如来本願功徳経」では、八大菩薩の一尊とされる


 <姿(像容)>
 阿弥陀如来の右脇侍として、観音菩薩とともに三尊で祀られる

 合掌する姿や来迎印の姿で、宝冠の前面に宝瓶や水瓶を付ける
 観音菩薩は、死者の霊をのせる蓮台を捧げ持つ姿で、宝冠の前面には化仏を付ける


 <ご利益>
 智慧明瞭、家内安全、除災招福のご利益があるといわれる
 午年の守護本尊であり、午年に生まれた人々の開運、厄除け、祈願成就を助けるといわれる

 <真言>
 オン・サンザンサク・ソワカ

【勢至菩薩ゆかりの地】

 <三千院
 勢至菩薩坐像(国宝)
 両脇侍の観音菩薩像・勢至菩薩が大和坐りをしている珍しい阿弥陀三尊坐像

 <清水寺
 木造 勢至菩薩立像(重要文化財)

 <石像寺
 木造 勢至菩薩立像(重要文化財):阿弥陀三尊像

 <知恩院
 勢至堂の本尊 勢至菩薩像:法然上人の本地とされ、来迎形式のように合掌している


 その他、勢至菩薩が祀られている寺院

 <油掛地蔵
 <長講堂
 <長仙院
 <永観堂
 <岩船寺
 <放生院
 <法然院
 <光縁寺
 <廬山寺
 <清凉寺
 <誠心院
 <即成院
 <善願寺
 <瑞春院

【その他】

 <法然信仰>
 浄土宗において、法然上人は勢至菩薩の化身といわれる
 法然上人の幼名を「勢至丸」といい、「智慧第一の法然坊」といわれる


【京都検定 第15回3級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第10回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク